Windows Server 2016 System Center 2016...Windows Server 2016 Datacenter/Standard...

of 31 /31
Windows Server 2016 System Center 2016 ライセンス ガイド 製品版

Transcript of Windows Server 2016 System Center 2016...Windows Server 2016 Datacenter/Standard...

Page 1: Windows Server 2016 System Center 2016...Windows Server 2016 Datacenter/Standard のサーバーライセンスは物理コア単位で購入します。サーバーライセンスは、Windows

Windows Server 2016

System Center 2016

ライセンス ガイド

製品版

Page 2: Windows Server 2016 System Center 2016...Windows Server 2016 Datacenter/Standard のサーバーライセンスは物理コア単位で購入します。サーバーライセンスは、Windows

Windows Server 2016、System Center 2016

ライセンス早わかりガイド

Windows Server 2016 のライセンスの基礎知識 .............................................................................................3

最適な購入方法でコストやリスクを削減しましょう ...........................................................................................................................................3

Windows Server 2016 に必要な 2 つのライセンス ........................................................................................................... ...............................4

Windows Server 2016 のライセンス モデル……………………………………………………….................................................................................. 5

ボリューム ライセンスにおけるコア ライセンスの販売形態…………………………………………………………….............................................. 5

お客様のニーズにあわせた 3 種類の購入方法 ............................................................................................................................. ...... 6

CAL の種類と割り当て方法を見分けるチェックシート ........................................................................................................................... 7

Windows Server 2016 ライセンス体系のメリット ......................................................................................................................... 8

機能専用の CAL と外部ユーザー向けライセンス ...............................................................................................................................10

仮想化環境とライセンス . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 12

Windows Server 2016 なら

仮想インスタンスのライセンスを別途購入する必要がありません ........................................................................................................ 12

Windows Server 2016 Datacenter なら無制限に仮想インスタンスを利用できます .............................................................13

異なるバージョンの OS をご利用いただくこともできます ......................................................................................................................14

必要となる CAL のバージョンは仮想インスタンスの OS のバージョンと同じです ..............................................................................14

仮想インスタンスを他の物理サーバーに移動する際の注意点 ........................................................................................................... 15

ライセンス購入ケース スタディ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 16

CAL の賢い購入方法 ............................................................................................................................. ..............................................16

外部ユーザーのアクセスが多い場合のお得な購入方法 .................................................................................................................... 16

バージョンアップも見据えた、L+SA の賢い購入プラン ......................................................................................................................17

最新バージョンへの移行なら、CAL も L+SA がお勧め......................................................................................................................17

L+SA なら Azure のハイブリッド使用特典も利用可能 ...................................................................................................................... 18

OEM ライセンスに関する正しい考え方 ............................................................................................................................. ..................18

ダウングレード ............................................................................................................................. .............................................................19

プラットフォームの変更 ............................................................................................................................. ..............................................19

アクティベーション ............................................................................................................................. .....................................................19

S y s t e m Ce n te r 20 16 のライセンスの基礎知識 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 20

System Center 2016 の ML (マネジメント ライセンス) について...............................................................................................20

System Center 2016 のサーバー ML ............................................................................................................................. ...........20

System Center 2016 のクライアント ML ............................................................................................................................. .......21

CAL スイート製品 ............................................................................................................................. .....................................................22

お得なスイート ライセンス . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 23

データ センター/仮想化環境に必要なライセンスを包括的に提供する

ライセンス スイート、Core Infrastructure Server (CIS) ......................................................................................................................... 23

サーバーおよびクラウド加入契約 (SCE) ............................................................................................................................. ................24

サービス プロバイダー向けライセンス . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 26

SPLA とは ............................................................................................................................. .................................................................26

こんな業務では SPLA が最適............................................................................................................................. .................................26

SPLA と通常のボリューム ライセンスとの違い ............................................................................................................................. ......27

Windows Server 2016 の仮想化環境における SPLA ............................................................................................................. 28

System Center 2016 の仮想化環境における SPLA ................................................................................................................. 29

● 関連情報............................................................................................................................. ...........................................................................30

2

Page 3: Windows Server 2016 System Center 2016...Windows Server 2016 Datacenter/Standard のサーバーライセンスは物理コア単位で購入します。サーバーライセンスは、Windows

3

Windows Server 2016 のライセンスの基礎知識

最適な購入方法でコストやリスクを削減しましょう

Windows Server 2016 を購入する際には、導入数や利用者数にあわせて最適な方法を選択することが、コストや手間、リスクを削

減するための重要なポイントです。たとえば、毎回異なる方法でライセンスを購入している場合、ライセンス管理が複雑になるば

かりか、気付かないうちに「ライセンス違反が発生していた」というリスクを負う可能性もあります。

お客様によってWindows Server 2016 の利用環境や使用目的はいろいろ...

購入する際の悩みや疑問もさまざま

社員数が多いので

ライセンスの管理が面倒!

予算を平準化したい

効率的なアップグレード方法は?

もし故障したら

他のサーバーにインストール可能?

手間をかけたくない

いちばん手軽な導入方法は?

お客様の利用環境やニーズにあった最適な購入方法を検討しましょう!

Windows Server 2016 に必要な 2 つのライセンス

Windows Server 2016 2 Datacenter/Standard のライセンス モデル

は大幅に簡素化されており、ライセンスの購入と管理に伴う負担が

軽減されています。Windows Server 2016 を利用するためには、

サーバーの使用権である「サーバー ライセンス」と、ユーザーが

PC などの各種デバイスを使ってサーバーにアクセスするためのア

クセス権である「クライアント アクセス ライセンス (CAL)」の 2

種類のライセンスが必要です。

Windows Server 2016 の他エディションのライセンス モデルについ

ては、P5 を参照してください。

ライアントアクセスライセンス(CAL)

サーバーライセンス

Windows Server 2012 R2 などの以前のバージョンのサーバー ライセンスを使って Windows Server 2016 を実行したり、Windows

Server 2012 CAL などの以前のバージョンの CAL を使って Windows Server 2016 にアクセスすることはできません。

しかし、Windows Server 2016 のサーバー ライセンスと CAL を取得している場合、以前のバージョンの Windows Server を実行し、

アクセスすることが可能です。

注: 以前のバージョンの Windows Server を実行するにはセットアップ用のメディアが必要です。

サーバー ライセンス クライアント アクセス ライセンス (CAL)

サーバー ライセンスは、Windows Server 2016 のインスタンスをコンピューター上で実行するために必要なライセンスです。インスタンスは、セットアップを実行することで作成されます*1。サーバー ライセンスは、Windows Server 2016 のインスタンスを実行する特定のサーバーに割り当てる必要があります。

Windows Server 2016 のインスタンスに直接的または間接的にアクセスするユーザーまたはデバイスごとに必要なライセンスです。デバイスには、パソコンやワークステーションだけではなく、携帯端末も含まれます。(ただし、特定の条件に当てはまるデバイスまたはユーザーを除く*2)

既存のインスタンスを複製した場合も別個なインスタンスを作成したものとみなされます。また、ブレード サーバーの各ブレード、パーティションも別個の物理サーバーとみなされます。

以下の条件に当てはまるデバイスまたはユーザーは CAL を取得する必要がありません。(各サーバー ライセンスには、サーバーを管理するために 2 台のデバイス、あるいは

2 人のユーザーがインスタンスにアクセスする権利が含まれています。)

• Web ワークロードまたは HPC ワークロードを実行している本サーバー ソフトウェアへのアクセスには、CAL は必要ありません。

• 仮想 OSE のホスティングおよび管理のためにのみ使用されている物理 OSE へのアクセスには、CAL は必要ありません。

• CAL およびエクスターナル コネクタ ライセンスでは、お客様のライセンスを取得したサーバー (第三者のサーバーは不可) へのアクセスのみが認められます。

*1

*2

Windows Server 2016 のご利用にあたっては、ソフトウェアを使用する権利である「ライセンス」の取得が必要に

なります。ここでは、Windows Server 2016 のライセンスについて、その購入方法やライセンスの種類などの基礎

知識についてご説明します。

CALServer

Page 4: Windows Server 2016 System Center 2016...Windows Server 2016 Datacenter/Standard のサーバーライセンスは物理コア単位で購入します。サーバーライセンスは、Windows

Windows Server2016 のライセンスの基礎知識

Windows Server 2016 のライセンス モデル

• すべての物理コア分のライセンスが必要です。

• 物理プロセッサごとに最低 8 個のコア ライセンスが必要です。

• 物理サーバーごとに最低 16 個のコア ライセンスが必要です。

Windows Server 2016 Datacenter無制限の仮想 OSE または Hyper-V コンテナーを使用可能

Windows Server 2016 Standard2 つの OSE または Hyper-V コンテナーを使用可能

ボリューム ライセンスでは、Windows Server 2016 Datacenter/Standard のコア ライセンスを 2 コア パックで販売します。

サーバーのコア数、プロセッサ数、使用する仮想インスタンス数 (Standard エディション) から計算した総コア ライセンス数を 2

で割ることで、2 コア パックの購入数を算出できます。

4

コアライセンス数の数え方

Windows Server 2016 Datacenter/Standard のサーバー ライセンスは物理コア単位で購入します。

サーバー ライセンスは、Windows Server 2016 のインスタンスを実行する特定のサーバーに割り当てる必要があります。インスタンスは、セット

アップやインストールの手順を実行することで作成されます*。同じサーバー ライセンスを別のサーバーに再割り当てすることもできますが、

最後の割り当てから 90 日以内はできません (恒久的なハードウェアの故障を除く)。

* 既存のインスタンスを複製した場合も別個なインスタンスを作成したものとみなされます。また、ブレード サーバーの各ブレード、ハード

ウェア パーティションも別個の物理サーバーとみなされます。

ポイント

利用可能な仮想インスタンス数について

ボリューム ライセンスにおけるコア ライセンスの販売形態

① 4 コアのプロセッサが 1 基の場合

必要なライセンス数

1プロセッサあたり最低 8 コア ライセンスが必要 1 サーバーあたり最低 16 コア ライセンスが必要

Standard エディションの仮想インスタンスを追加するには

16 コアライセンス 必要なライセンス数

1 プロセッサあたり 12 コア ライセンスが必要 12 コア × 2 プロセッサで 24 コア ライセンスが必要

24コアライセンス

• すべての物理コアのライセンスを購入している場合、2 つの OSE または Hyper-V コンテナーを使用可能

• 仮想マシン内で仮想マシンが実行される場合、ライセンス上は 2 つの仮想マシンとしてカウント

② 12 コアのプロセッサが 2 基の場合

2 つの仮想 OSE または Hyper-V コンテナーの権利を割り当てたサーバーのコア ライセンス数を 1 単位として、必要な仮想 OSE / Hyper-V コンテナーの数を満たすよう追加します。

例えば、12 コアのプロセッサ 2 基のサーバーで Standard のライセンスを購入する場合

仮想 OSE/Hyper-V コンテナーの使用可能数

24 コア ライセンス購入 : 2 つまで

48 コア ライセンス購入 : 4 つまで

72 コア ライセンス購入 : 6 つまで

12

12

4

コアライセンスは2 コアパックで販売

プロセッサ数コア数 仮想インスタンス数(Standard エディション)

購入する2 コアパック数

必要なコアライセンス数 2

12 12

Page 5: Windows Server 2016 System Center 2016...Windows Server 2016 Datacenter/Standard のサーバーライセンスは物理コア単位で購入します。サーバーライセンスは、Windows

Windows Server2016 のライセンスの基礎知識

Windows Server 2016 の提供エディションとライセンスモデル

5

機能 Datacenter Standard

Windows Server の基本機能 ○ ○

OSE/Hyper-V コンテナー 無制限 2

Windows Server コンテナー 無制限 無制限

Nano Server* ○ ○

ホスト ガーディアン サービス ○ ○

ストレージ スペース ダイレクト、ストレージ レプリカなどのストレージ機能 ○

シールドされた仮想マシン ○

ネットワーク スタック ○

*運用環境で Nano Server を展開および運用するにはソフトウェア アシュアランスが必要

Windows Server 2016 Datacenterと Standard の機能比較

エディション 説明 ライセンス モデル CAL 要件

Windows Server 2016 Datacenter高度に仮想化されたデータセンターおよびクラウド環境向け

コアベース Windows Server CAL

Windows Server 2016 Standard 物理環境または最低限の仮想化環境向け コアベース Windows Server CAL

Windows Server 2016 Essentials

ユーザー数が 25 名以内で、デバイスが 50 個以内の小規模企業向け。Essentials は、Windows

Server 2016 では提供されない Foundation

Edition をご使用のお客様に最適な選択肢

サーバー ベース CAL 不要

Windows Server 2016 MultiPoint

Premium Server*

1 台のコンピューターを複数のユーザーで使用可能 (教育機関向けライセンスのみでのご提供)

サーバー ベースWindows Server CAL

+ RDS CAL

Windows Storage Server 2016

専用の OEM ストレージ ソリューション向け。OEM チャネルを通じて販売される Standard

Edition および Workgroup Edition で使用可能サーバー ベース CAL 不要

Microsoft Hyper-V Server 2016 ハイパーバイザーを無料でダウンロード NA NA

* 法人のお客様は、Standard Edition および Datacenter Edition で提供される Windows MultiPoint Premium Server の役割を使用可能。Multipoint Server では、Windows Server CAL と RDS (リモート デスクトップ サービス) CAL が必要です。

特定のサーバーに割り当てたサーバー ライセンスは、

最後に割り当ててから 90 日以降であれば、他のサー

バーにライセンスを割り当て直すことができます。

再割り当てを行った場合、元のサーバーで Windows

Server のインス タンスを実行することはできません。

また、プレインストール製品のライセンスは、割り当

て日数やハードウェアの故障などに関係なく、他の

ハードウェアにライセンスを移動することはできませ

んのでご注意ください。

ライセンスの再割り当て

割り当て日数、ハードウェアの故障や老朽化などに関係なく

プレインストールモデルから他のハードウェアにライセンスは移動できません。

プレインストール モデル

他のハードウェア

禁止

Page 6: Windows Server 2016 System Center 2016...Windows Server 2016 Datacenter/Standard のサーバーライセンスは物理コア単位で購入します。サーバーライセンスは、Windows

Windows Server2016 のライセンスの基礎知識

お客様のニーズにあわせた 3 種類の購入方法

Windows Server 2016 の購入方法には、パッケージ製品、プレインストール モデル、ボリューム ライセンスの 3 つの方法があり

ます。それぞれ特徴がありますので、どの購入方法が自社の導入に合っているかを確認しましょう。

6

お得なボリュームライセンスを活用しよう

パッケージ製品

プレインストール モデル

ボリューム ライセンス

こんなお客様におすすめ

既存のハードウェアをそのまま使用したい。 オペレーティング システムだけを購入したい。 購入するライセンス数が少ない

(3 ライセンス未満)。

こんなお客様におすすめ

インストール作業の手間を省きたい。 購入の手続きとサポート先を一本化したい。 古いハードウェアを OS ごと入れ替えたい。

こんなお客様におすすめ

会社や組織でまとめてライセンスを購入したい(3 ライセンス以上)。

ボリューム ディスカウントのメリットを利用したい。

ライセンス管理を簡単にしたい。

16 コアライセンスを 1 パッケージで購入可能 (まとまった数のライセンスを購入する場合、あるいはライセンスとハードウェアを同時に導入する場合は、他の購入方法の方がお得になる場合もあります)。

ソフトウェア アシュアランスは、ライセンス購入後 90 日以内であれば別途購入可能。

ポイント

プレインストールされたハードウェアから、ライセンスを別のハードウェアに移しての使用は一時的でも不可。

ソフトウェア アシュアランスは、ライセンス購入後でも、90 日以内であれば別途購入可能。

ポイント

ソフトウェア アシュアランスは、ライセンスと同時にのみに購入可能。

ポイント

製品の種類と数量を明記したライセンス証書のみでソフトウェアのライセンスを取得でき、価格面でもお得です。また、インス

トール用のメディアは、別途必要な数だけ入手できます。会社や組織で、まとめて購入する場合に最適です。

ボリュームライセンス 6 つのメリット

まとまった数のソフトウェアをお得な価格で購入できます。

ライセンス数や購入履歴の管理*1が容易です。

1 ライセンスから CAL を追加することができます。

他のサーバーにも移行可能です。

1枚のメディアで複数のサーバーにインストールできます。

ソフトウェアアシュアランス (SA)*2を利用して、アップグレードの予算化が可能です。

その1

その2

その3

その4

その5

その6

*1 詳細はボリューム ライセンス プログラムのホームページをご覧ください。http://www.microsoft.com/ja-jp/licensing/

*2 SA についての詳細はこちらをご覧ください。http://www.microsoft.com/ja-jp/licensing/software-assurance/

Page 7: Windows Server 2016 System Center 2016...Windows Server 2016 Datacenter/Standard のサーバーライセンスは物理コア単位で購入します。サーバーライセンスは、Windows

Windows Server2016 のライセンスの基礎知識

CAL の種類と割り当て方法を見分けるチェックシート

Windows Server 2016 CAL は、お客様のシステム規模や利用形態に合わせて、購入する CAL の種類と割り当て方法を選択すること

ができます。

7

CAL の種類を選択しよう CAL には「ユーザー CAL」と「デバイス CAL」の 2 種類があり、お客様のシステム規模や利用形態に合わせて選択して購入できます。Step 1

1 人のユーザーが複数のデバイスを使用している場合が多い

1 台のデバイス (コンピューターなど) を複数のユーザーで共有することが多い

ユーザー CAL を選択 デバイス CAL を選択

ユーザー単位の CAL です。サーバーにアクセスするユーザーの数に合わせて購入します。

デバイス (PC やモバイル端末など) 単位のCAL です。サーバーにアクセスするデバイスの台数に合わせて購入します。

CAL の割り当て方法を選択しよう

Windows Server2016 CAL は、1 回限りの選択肢として、ユーザーごとまたはデバイスごとにベース CAL を割り当てる代わりに、ベース CAL を単一のサーバー上のサーバーソフトウェアの 1 つのインスタンス専用にして、そのインスタンスに同じ数のユーザーまたはデバイスがアクセスできるようにすることができます。

Step 2

サーバーが 2 台以上必要で、今後も台数が増える予定がある

サーバーは 1 ~ 2 台で、アクセス頻度が高くない

デバイスごとまたはユーザーごとの割り当て サーバー インスタンスごとの割り当て

サーバーにアクセスする「デバイスまたはユーザー数分」の CAL を購入。

各サーバーごとに「同時にアクセスするデバイスまたはユーザーの最大数分」の CAL を「サーバー インスタンス」ごとに購入。

CAL の種類と割り当て方法が決定Step 3

Windows Server 2016 のインスタンスに直接的または間接的 (マルチプレキシング サービス) にアクセスするユーザーまたはデバイスごとに、Windows Server 2016 CAL を取得する必要があります。デバイスには、パソコンやワークステーションだけではなく、携帯端末も含まれます。

デバイスごとまたはユーザーごとの割り当て

デバイスごとまたはユーザーごとの割り当て

サーバー インスタンスごとの割り当て

サーバー インスタンスごとの割り当て

ユーザー CAL デバイス CAL ユーザー CAL デバイス CAL

CAL CAL

CAL

CAL

CAL

CAL

CAL

CAL

Page 8: Windows Server 2016 System Center 2016...Windows Server 2016 Datacenter/Standard のサーバーライセンスは物理コア単位で購入します。サーバーライセンスは、Windows

新しい PC

Windows Server2016 のライセンスの基礎知識

Windows Server 2016 ライセンス体系のメリット

Windows Server 2016 では、サーバー ライセンスと CAL を組み合わせたライセンス体系を採用しています。利用者やデバイスの数

に合わせて、適正な料金でご使用いただけます。

8

サーバーライセンスのみのライセンス体系は不公平に

サーバーの使用権だけを購入するライセンス方式の場合、多数のユーザーやデバイスから利用するお客様も、ユーザーやデバイス

が少ないお客様も、同じ料金を支払う必要があります。

CAL との組み合わせで組織にあった公平なライセンス体系に

サーバー ライセンスと CAL を組み合わせたライセンス体系では、組織の利用者またはデバイスにあわせて、適正な数のライセン

スだけをご購入いただけます。サーバー台数や利用者が増えた場合にも、コストを最小限に抑えることができるため、システムの

拡張や企業の成長にも即座に対応できるメリットがあります。

さらにメリットがある、CAL

サーバーを追加しても CAL の追加購入が不要(接続デバイス数または接続ユーザー数モードで購入の場合)

ユーザーやデバイスが増えても追加購入が簡単

新しいサーバー

CAL

サーバーライセンスのみの料金体系の場合

A社 B社

サーバーライセンスのみの料金

うちは規模に比べて料金が高いと思う

これじゃ割高!

うちの規模にあった料金だ。

サーバーライセンスのみの料金

A社 B社

コスト高

大規模 (ユーザー数)

Server Server

サーバーライセンスと CAL の料金体系の場合

A社 B社うちの規模にもあう適正料金だ!

うちの規模にあった適正料金で CAL の追加も簡単!

コスト高

大規模 (ユーザー数)

これなら納得!

CALCALCALCALCALCALCALCAL

CALCALCALCAL

A社 B社

サーバーライセンス サーバーライセンス

Server Server

Server

Server

CAL

CAL の追加購入不要

CAL

既存の CAL で追加サーバーにアクセスが可能

Server

CAL

CAL

CAL

必要な CAL 数を追加するだけで OK

Page 9: Windows Server 2016 System Center 2016...Windows Server 2016 Datacenter/Standard のサーバーライセンスは物理コア単位で購入します。サーバーライセンスは、Windows

Windows Server2016 のライセンスの基礎知識

CAL が不要になるケース

以下の条件に当てはまるデバイスまたはユーザーは CAL を取得する必要がありません。また、各サーバー ライセンスには、サー

バーを管理するために 2 台のデバイス、あるいは 2 人のユーザーがインスタンスにアクセスする権利が含まれています。

9

• Web ワークロードまたは HPC ワークロードを実行している本サーバー ソフトウェアへのアクセスには、CAL は必要ありません。

• 仮想 OSE のホスティングおよび管理のためにのみ使用されている物理 OSE へのアクセスには、CAL は必要ありません。

• CAL およびエクスターナル コネクタ ライセンスでは、お客様のライセンスを取得したサーバー (第三者のサーバーは不可) への

アクセスのみが認められます。

• ライセンスを取得した別のサーバー (Windows Server のバージョンは問いません) によるアクセスには、CAL は必要ありません。

最新バージョンの CAL で管理をすっきり簡単に

最新バージョンの Windows Server 2016 にアクセスするためには、Windows Server 2016 CAL が必要になります。

CAL を常に最新バージョンで統一すると、ライセンス管理の手間、過不足、不一致などのリスクを回避できます。

CAL のバージョン統一には、ソフトウェア アシュアランスが便利です。

Server

最新バージョンの CAL

CAL

Windows Server 2016 CAL

古いバージョンの CAL

CAL

Windows Server 2012 CAL

Windows Server

2016

Windows Server

2012 R2

Windows Server

2008

Windows Server

2016

Windows Server

2012 R2

Windows Server

2008

ダウングレード権行使

ダウングレード権行使

ライセンス使用

ライセンス使用

Page 10: Windows Server 2016 System Center 2016...Windows Server 2016 Datacenter/Standard のサーバーライセンスは物理コア単位で購入します。サーバーライセンスは、Windows

Windows Server2016 のライセンスの基礎知識

機能専用の CAL と外部ユーザー向けライセンス

Windows Server 2016 のリモート デスクトップ サービス (RDS) や Rights Management サービス (RMS) など、特定の機能を実行す

るサーバーにアクセスするには、Windows Server 2016 CAL に加えて専用の CAL が必要となる場合があります。また、多数の外部

ユーザーが社内のサーバーにアクセスするような場合には、エクスターナル コネクタ ライセンス (EC) をご利用いただくことで、

外部ユーザー用の CAL を個別に購入する必要が無くなる場合もあります。

10

リモートデスクトップサービスに必要なライセンス

Windows Server 2016 のリモート デスクトップ サービスを実行するサーバーにアクセスするには、ユーザーまたはデバイスごと

に Windows Server 2016 CAL と Windows Server 2016 リモート デスクトップ サービス CAL (RDS CAL) が必要です。

Windows Server 2016 CAL と同様に、RDS CAL でも「RDS デバイス CAL」と「RDS ユーザー CAL」の 2 種類の CAL を提供します。

RDS デバイス CAL と RDS ユーザー CAL は、組み合わせて同時に使用することもできます。さらに、Windows Server 2016 RDS

CAL には、App-V for RDS CAL が統合されており、RDS CAL を保有するユーザーやデバイスは、App-V for RDS CAL を別途購入す

ることなく、App-V for RDS で配信されるアプリケーションを利用することが可能です。

Windows Server 2016リモート デスクトップ サービス

CAL

Server

※外部からアクセスするユーザーが多い場合には、

Windows Server 2012 Remoto DesktopServices External Connector ライセンス (EC)

を購入しての利用が可能です。

リモート デスクトップ サービスを利用するクライアントWindows Server 2016 の CAL とRDS CAL が必要。

リモート デスクトップ サービスを利用するクライアントWindows Server 2016 の CAL とRDS CAL が必要。

リモート デスクトップ サービスを利用しないクライアントWindows Server 2016 CAL のみ。

TS

CAL

CALTS

CAL

CAL

他の技術を使用して GUI をホストするようなアクセスの場合にも、Remoto Desktop

Service CAL が必要になります。

Rights Managementサービスに必要なライセンス

Windows Server 2016 の Rights Management サービスを実行するサーバーにアクセスするには、ユーザーまたはデバイスごとに

Windows Server 2016 CAL と Windows Server 2016 Rights Management サービス CAL (RMS CAL) を取得する必要があります。

Windows Server 2016 CAL と同様に、RMS CAL でも「RMS デバイス CAL」と「RMS ユーザー CAL」の 2 種類の CAL を提供します。

RMS デバイス CAL と RMS ユーザー CAL は、組み合わせて同時に使用することもできます。

Windows Server 2016

Rights Management Services

CAL

Server

※外部からアクセスするユーザーが多い場合には、

Windows Server 2012 Rights Management Services External Connector ライセンス (EC)

を購入しての利用が可能です。

RMS を利用するクライアントWindows Server 2016 の CAL とRMS CAL が必要。 RMS を利用するクライアント

Windows Server 2016 の CAL とRMS CAL が必要。

RMS を利用しないクライアントWindows Server 2016 CAL のみ。

RMS

CAL CAL

CALRMS

CAL

Page 11: Windows Server 2016 System Center 2016...Windows Server 2016 Datacenter/Standard のサーバーライセンスは物理コア単位で購入します。サーバーライセンスは、Windows

Windows Server2016 のライセンスの基礎知識

エクスターナルコネクタライセンス

11

多数の外部ユーザーが、外部から社内のサーバーにアクセスするような場合には、エクスターナル コネクタ ライセンス (EC) がお

得です。EC を購入することによって、外部からアクセスするユーザーは、特定の物理サーバー上のすべてのインスタンス (仮想化

環境を含む) にアクセスすることができます。ビジネス パートナーや顧客などの外部ユーザーに対して、社内の Windows Server

2016 へのアクセスを許可し、さらに、これらの外部ユーザー用の CAL を個別に購入したくない場合には、外部ユーザーがアクセ

スする物理サーバーごとに Windows Server 2016 エクスターナル コネクタ ライセンスを購入することができます。外部ユーザー

がアクセスするサーバーのインスタンスに、お客様組織の従業員もアクセスする場合には、CAL とエクスターナル コネクタ ライ

センスを同時に適用することができます。仮想化環境を利用する場合には、物理サーバーごとに Windows Server 2016 エクスター

ナル コネクタ ライセンスが必要となります。外部ユーザーは、エクスターナル コネクタ ライセンスが割り当てられた物理サー

バー上で実行しているすべての仮想インスタンスにアクセスできます。

●エクスターナルコネクタライセンスの対象エクスターナル コネクタ ライセンスは、外部ユーザーだけに利用が制限されます。外部ユーザーとは、Windows Server 2016 の

サーバー ライセンスを所有する組織 (およびその関連会社) の「取引先」や「顧客」などを指します。サーバー ライセンスを所有

する組織 (およびその関連会社) の「従業員」や「オンサイトの契約業者や代理店」などのユーザーは「外部ユーザー」に含まれま

せんのでご注意ください。

●リモートデスクトップサービスエクスターナルコネクタライセンスビジネス パートナーや顧客などの外部ユーザーに対して、社内の Windows Server 2016 リモート デスクトップ サービス サーバー

へのアクセスを許可し、さらにこれらの外部ユーザー用のリモート デスクトップ サービス CAL を個別に購入したくない場合には、

外部ユーザーがアクセスする物理サーバーごとにリモート デスクトップ サービス エクスターナル コネクタ ライセンス (RDS エク

スターナル コネクタ ライセンス) を購入することができます。

このエクスターナル コネクタ ライセンスを適用する場合には、Windows Server 2016 エクスターナル コネクタ ライセンスなどの

ベースとなるライセンスが必要です。また、RDS エクスターナル コネクタ ライセンスに、App-V for RDS EC が統合されたことで、

別途 App-V for RDS EC を購入することなく、外部ユーザーはApp-V for RDS で配信されるアプリケーションを利用することができ

ます。

● Rights Management サービスエクスターナルコネクタライセンスRights Management サービスで保護されたコンテンツやドキュメントなどのデータを作成し、そのデータをビジネス パートナーや

顧客などの外部ユーザーが確認できるようにする場合には、RMS CAL の代わりに RMS エクスターナル コネクタ ライセンスを購入

することができます。このエクスターナル コネクタ ライセンスを適用する場合には、Windows Server 2016 エクスターナル コネ

クタ ライセンスなどのベースとなるライセンスが必要です。

外部ユーザーは、エクスターナル コネクタライセンスを割り当てた物理サーバー上にあるすべての Windows

Server 2016 に直接アクセスできます。

EC

Windows Server 2016

Windows Server 2016

外部ユーザーは、エクスターナル コネクタライセンスを割り当てられていない物理サーバーにはアクセスできません。

ECEC

EC パーティションやブレードは、別個の物理サーバーとみなされます。

外部ユーザー分のCAL が不要になります。

「外部ユーザー」とは?

① 自社、または関連会社の従業員ではないユーザー

② 自社の関連会社のオンサイトの契約業者または代理店ではないユーザー

Page 12: Windows Server 2016 System Center 2016...Windows Server 2016 Datacenter/Standard のサーバーライセンスは物理コア単位で購入します。サーバーライセンスは、Windows

12

仮想化環境とライセンス

Windows Server 2016 なら仮想インスタンスのライセンスを別途購入する必要がありませんWindows Server 2016 のライセンスには、仮想インスタンスまたは Hyper-V コンテナーの実行権が含まれています。Windows

Server 2016 Hyper-V はもちろん、VMware や Xen などのサード パーティ製の仮想テクノロジを使用する場合でも、Windows

Server の仮想インスタンスまたは Hyper-V コンテナーをライセンスで許可された上限まで実行することができます。なお、別途

Windows Server の仮想インスタンスまたは Hyper-V コンテナーにアクセスするデバイスまたはユーザーごとに、適切なバージョ

ンの Windows Server CAL (クライアント アクセス ライセンス) が必要です。

Windows Server 2016 は仮想化テクノロジである Hyper-V を標準搭載。32 ビットおよび 64 ビットの Windows

Server、Windows クライアント、Linux など、さまざまな OS を仮想化環境上で同時に実行することが可能です。

ここでは、仮想化環境とライセンスについてご説明します。

管理用の物理インスタンス

(Hyper-V 利用時)

仮想化テクノロジ

Windows Server 2016 Hyper-V VMware、Xen などサード パーティー製ハイパーバイザー

ハードウェア

Windows Server 仮想インスタンス

Windows Server 仮想インスタンス

Hyper-V コンテナー

Windows Server 2016 Datacenterサーバーライセンス

Windows Server CAL

デバイス CAL

ユーザー CAL

CAL を購入することで、物理および仮想インスタンスの両方にアクセス可能

※購入エディションにより、実行可能な仮想インスタンス数が異なります。※物理サーバーに搭載されているプロセッサ コア数に基づいてライセンスを取得※物理プロセッサごとにコア ライセンスは最低 8 ライセンス必要。※サーバーごとにコア ライセンスは最低 16 ライセンス必要。

CAL

CAL

●インスタンスとは

インスタンスとは、ソフトウェアのセットアップまたはインストール手順を実行すること、または既存のインスタンスを複製

することにより作成されるソフトウェアのイメージをいいます。

Server

ネストされた Hyper-VのライセンスWindows Server 2016 Datacenter および Standard では、仮想マシン内

で Hyper-V の役割を実行する、ネストされた仮想マシンをサポートし

ます。Datacenter の場合、無制限の仮想化の権利が提供されるため、

ネストされた仮想マシンにも容易に対応できます。一方、最大 2 台の

仮想マシンをサポートする Standard の場合、仮想マシン内で仮想マ

シンが実行されると、ライセンス上 2 台の仮想マシンとしてカウント

されますのでご注意ください。 Hyper-V

ハードウェア

Windowsルート OS

Hyper-V

Windowsルート OS

仮想マシン

仮想マシン

ライセンスで許可された最大数まで利用可能

Page 13: Windows Server 2016 System Center 2016...Windows Server 2016 Datacenter/Standard のサーバーライセンスは物理コア単位で購入します。サーバーライセンスは、Windows

仮想化環境とライセンス

Windows Server2016 Datacenter なら無制限に仮想インスタンスを利用できます

1 台の物理サーバーで必要な数だけ Windows Server の仮想インスタンスや Hyper-V コンテナーを実行したい場合には、Windows

Server 2016 Datacenter が最適です。たとえば、クラスタリングや Live Migration、Hyper-V レプリカで仮想インスタンスを移動す

る際にも、仮想インスタンスの実行数と保有するライセンス数を心配する必要がなくなるため、コンプライアンスとライセンス管

理の観点からも安心、シンプルにお使いいただけます。

Windows Server 仮想インスタンス

Windows Server 仮想インスタンス

Windows Server 仮想インスタンス

Windows Server 仮想インスタンス

Windows Server 仮想インスタンス

Windows Server 仮想インスタンス

無制限の仮想インスタンスを実行可能

8コア

Windows Server 2016 Datacenter2 コア パック × 8= 16 コア ラインセンス

2 コアパック

※サーバー上のすべての物理コアのライセンスを取得※ 1 プロセッサあたり最低 8 コアのライセンスが必要※ 1 サーバーあたり最低 16 コアのライセンスが必要

2CPU (各10 コア)

Windows Server 仮想インスタンス

Windows Server 仮想インスタンス

Windows Server 仮想インスタンス

Windows Server 仮想インスタンス

Windows Server 仮想インスタンス

Windows Server 仮想インスタンス

Windows Server 仮想インスタンス

移動可能

移動可能

2 コアパック

Windows Server 2016 Datacenter2 コア パック × 10 = 20 コア ラインセンス

無制限の仮想インスタンスを実行可能

8 10

13

提供されるエディション

Windows Server 2016 は、クラウド テクノロジを搭載した Datacenter および Standard に加えて、小規模事業所向けの Essentials、

教育機関向け MultiPoint Premium Server、OEM ストレージ ソリューションである Storage Server 2016 の各エディション、さらに

無償ダウンロード提供の Hyper-V Server 2016 を提供します。

• Windows Server の基本機能• Windows Server コンテナー

• Nano Server• ホスト ガーディアン サービス

エディション共通

あらゆる規模のビジネスに

仮想化の活用とクラウドを構築するなら

Windows Server 2016

Datacenter

仮想 OSE/Hyper-V コンテナー

無制限

物理環境での利用と単機能の仮想化なら

Windows Server 2016

Standard

OSE/Hyper-V コンテナー

2 つまでDatacenter のみ提供機能• ストレージ スペース ダイレクト、ストレージ レプリカなど• シールドされた仮想マシン• ネットワーク スタック

小規模ビジネスに 教育機関向けに

Windows Server 2016

EssentialsWindows Server 2016

MultiPoint Premium Server

ストレージ専用向けに

Windows Storage

Server 2016

• バックアップ• セキュアなリモート アクセス環境• ユーザー数が 25 名以内• デバイスが 50 個以内• CAL 不要

• 1 台のコンピューターを複数ユーザーが使用可能

• Windows Server CAL

• Remote Desktop Services CAL

• 専用の OEM ストレージ製品• OEM チャネルを通じて販売• Standard エディションと

Workgroup エディションを提供

Page 14: Windows Server 2016 System Center 2016...Windows Server 2016 Datacenter/Standard のサーバーライセンスは物理コア単位で購入します。サーバーライセンスは、Windows

Hyper-V

仮想インスタンス

Windows Server

2008

仮想インスタンス

Windows Server

2012

仮想化環境とライセンス

異なるバージョンの OS をご利用いただくこともできます

Windows Server 2016 で構築した仮想化環境には、以前のバージョンの Windows Server を展開することもできます。Windows

Server 2016 には以前のバージョンへダウングレードして使用できる権利があります。

14

物理 OS

物理インスタンス

Windows Server 2016Datacenter (管理用)

ハードウェア

仮想インスタンス

Windows Server

2012 R2

仮想化環境

Server

仮想化環境上に異なるバージョンの Windows Server を構築した例

必要となる CAL のバージョンは仮想インスタンスの OS のバージョンと同じです

仮想インスタンスにアクセスするデバイスまたはユーザーは、仮想インスタンスで実行されている Windows Server のバージョン

に合わせた CAL が必要です。たとえば、Hyper-V 上で Windows Server 2012 R2 の仮想インスタンスだけを実行している場合には、

Windows Server 2012 CAL を持つデバイスまたはユーザーがアクセスできます。

ただし、物理サーバーで Hyper-V 以外のワークロードを使用している場合、あるいは仮想インスタンスで Windows Server 2016 を

実行している場合には、アクセスするデバイスまたはユーザーごとに Windows Server 2016 CAL が必要です。

管理用の物理インスタンス

(Hyper-V 利用時)

仮想化テクノロジ

ハードウェア

仮想インスタンス 仮想インスタンス

デバイス CAL

ユーザー CAL

CAL

CAL

Server物理インスタンスWindows Server 2016 Hyper-V だけをワークロードとして実行

Windows Server 2012 CAL で OK

仮想インスタンス

Windows Server 2012 R2/2012 の仮想インスタンスのみを実行Windows Server

2012 R2

Windows Server 2012

8コア

Windows Server 2016 Datacenter16 コアライセンス (2 コアパック × 8)

Page 15: Windows Server 2016 System Center 2016...Windows Server 2016 Datacenter/Standard のサーバーライセンスは物理コア単位で購入します。サーバーライセンスは、Windows

仮想化環境とライセンス

仮想インスタンスを他の物理サーバーに移動する際の注意点

Windows Server の仮想インスタンスは、適切なサーバー ライセンスが割り当てられた物理サーバー間で移動することができます。

なお、移動先の物理サーバーにおいて、既にライセンスで許可された仮想インスタンスの最大数を実行済みの場合、サーバー ライ

センスを追加購入、あるいは仮想インスタンスをシャットダウンして実行数を減らす必要があります。

Windows Server 2016 Datacenter では、無制限に仮想インスタンスを利用できるため、クラスタリングや Live Migration、Hyper-V

レプリカで仮想インスタンスを移動する場合などでも、仮想インスタンスの実行数と保有するライセンス数を心配する必要があり

ません。

※仮想インスタンスを他の物理サーバーに移動した場合、再度アクティベーションが必要になる場合があります。

15

管理用の物理インスタンス

(Hyper-V 利用時)

Windows Server仮想インスタンス

Server

Windows Server仮想インスタンス

物理サーバー A

8コア

Windows Server 2016 Datacenter16 コア ライセンス (2 コア パック × 8)

管理用の物理インスタンス

(Hyper-V 利用時)

Windows Server仮想インスタンス

Windows Server仮想インスタンス

管理用の物理インスタンス

(Hyper-V 利用時)

Windows Server仮想インスタンス

Windows Server仮想インスタンス

Windows Server仮想インスタンス

Server

物理サーバー B8コア

Windows Server 2016 Datacenter16 コア ライセンス (2 コア パック × 8)

Server

8コア

Windows Server 2016 Standard16 コア ライセンス (2 コア パック × 8)

物理サーバー C

実行可能な仮想インスタンス数が空いている物理サーバー

既に許可された仮想インスタンスの最大数を実行済みの物理サーバー

Windows Server仮想インスタンス

Windows Server仮想インスタンス

仮想インスタンスを移動できません仮想インスタンスを移動できます

仮想化環境を統合管理できる System Center のライセンスについては、「System Center 2016 のライセンス基礎知識」を参照してください。

Page 16: Windows Server 2016 System Center 2016...Windows Server 2016 Datacenter/Standard のサーバーライセンスは物理コア単位で購入します。サーバーライセンスは、Windows

16

ライセンス購入ケース スタディ

CAL の賢い購入方法

お客様のご利用環境に合わせて最適な CAL を選択することで、お得に CAL を購入できます。

サーバー ライセンスと CAL の種類とモード、そして仮想化環境での実行可能なインスタンス数など、Windows

Server 2016 ではさまざまなライセンスの購入パターンがあります。ここでは、最適で、お得なライセンスの購入方

法をケース スタディでご紹介します。

ユーザー CAL の購入がお得なケース

150 人のユーザーが、それぞれに複数のデバイスを保有し、全部で 300 台のデバイスを使用して、社内で稼働する 3 台の

Windows Server 2016 にアクセスしている場合。

150 人

ユーザー

300 台

デバイス

3 台

Windows Server

2016

デバイス数よりもユーザーの数の方が少ないので、「ユーザー CAL」の購入がお得です。

1 人のユーザーが複数のデバイスを利用

必要なライセンス

Windows Server 2016 サーバー ライセンス 3

Windows Server 2016 ユーザー CAL 150

200人

ユーザー

150 台

デバイスWindows Server

2016

ユーザー数よりもデバイスの数の方が少ないので、「デバイス CAL」の購入がお得です。

1 台のデバイスを複数のユーザーで共有

必要なライセンス

Windows Server 2016 サーバー ライセンス 3

Windows Server 2016 デバイス CAL 150

デバイス CAL の購入がお得なケース

社内にある 150 台のデバイスを、200 人のユーザーで共有して、社内で稼働する 3 台の Windows Server 2016 にアクセスしてい

る場合。

外部ユーザーのアクセスが多い場合のお得な購入方法

社内で 10 台の Windows Server 2016 が稼働していて、100 人の外部ユーザーが、インターネット経由で 1 台の社内サーバーにア

クセス。また、社内ユーザーは 200 人で 300 台のデバイスを使って社内のサーバーすべてにアクセスしている場合。

200人

ユーザー

300 台

デバイス

3 台

Windows Server

2016

外部ユーザーが利用するサーバーが少なく、また、社内ユーザーはデバイス数よりも少ないため、「エクスターナルコネクタライセンス」と「ユーザー CAL」の購入がお得です。

必要なライセンス

Windows Server 2016 サーバー ライセンス 10

Windows Server 2016 ユーザー CAL 200

エクスターナル コネクタ ライセンス 1

10 台(社内) 100人

外部ユーザー

外部ユーザーは 1 台のサーバーにアクセス

インターネット

Page 17: Windows Server 2016 System Center 2016...Windows Server 2016 Datacenter/Standard のサーバーライセンスは物理コア単位で購入します。サーバーライセンスは、Windows

ライセンス購入ケース スタディ

バージョンアップも見据えた、L+SA の賢い購入プラン

Windows Server 2016 のライセンスを購入するなら、今後のバージョンアップを見据えて、L (製品ライセンス) + SA (ソフトウェア

アシュアランス) による購入をおすすめします。アップグレード特典のある SA 付きで Windows Server を購入することで、将来的

に最新バージョンへの移行コストを節約できます。

17

L を購入した場合SAのみで購入した場合

新しいバージョンに移行するごとに、サーバー ライセンスを買い直す必要があります。

契約期間中なら、サーバー ライセンスの買い直しが不要です。

お勧め

L

L L L

SA

Windows Server2016 の導入

新しいバージョンへの移行

Windows Server2016 の導入

新しいバージョンへの移行

不要

CAL のバージョンは、サーバーと同じバージョンか、もしくはサーバーよりも新しいバージョンであることが必要です。また、ク

ライアントのアクセスするサーバーが 1 台でも新しいバージョンになると、CAL も最新バージョンが必要となります。

そこで、CAL も L+SA で購入しておけば、常に最新バージョンのサーバーを利用できるので、移行をスムーズに行え、将来的な

CAL 購入費用を抑えることができます。また、すべての CAL を SA 付きで購入しておけば、サーバーのバージョンが混在している

場合でも、思わぬライセンス違反の発生を防止できます。

L を購入した場合SAのみで購入した場合

サーバーをアップグレードするごとに、CAL を新しく買い直す必要があります。

契約期間中なら、サーバーをアップグレードしても CAL

の買い直しが不要です。

Lお勧め

CAL CAL CAL CAL

CAL CAL CAL CAL

CAL CAL CAL CAL

CAL CAL CAL CAL

Windows Server2016 の導入

新しいバージョンへの移行

CAL CAL CAL CAL

CAL CAL CAL CAL

CAL CAL CAL CAL

CAL CAL CAL CAL不要

Windows Server2016 の導入

新しいバージョンへの移行

最新バージョンへの移行なら、CAL も L+SA がお勧め

Page 18: Windows Server 2016 System Center 2016...Windows Server 2016 Datacenter/Standard のサーバーライセンスは物理コア単位で購入します。サーバーライセンスは、Windows

ライセンス購入ケース スタディ

OEM ライセンスに関する正しい考え方

OEM のライセンスはハードウェアに紐づいているため、他のハードウェアで使用することができませんが、ライセンス割り当て済

みの他のハードウェア用に OS インスタンスを作成するために、OEM ライセンスに付属されるメディアおよび OEM ライセンスで

作成したイメージは使用できます。この考え方は仮想化環境でも同様です。

18

Windows Serverメディア

Windows Serverイメージ

Windows ServerOEM ライセンス

ライセンス割り当て済みサーバー (OEM、VL、FPP)Windows Server ライセンスが割り当てられているサーバーに、

OEM ライセンスで作成したイメージ/OEM ライセンス付属のメディアを使用してインストールできます。

① OEM ライセンスを、別のサーバー ハードウェアに再割り当てすることはできません。

② ライセンスが割り当てられているサーバーに、OEM プレインストール イメージまたは OEM ライセンスに付属されているメディアを使用し

て Windows Server をインストールできます。なお、OEM プレインストール イメージ、またはメディアにサード パーティの製品 (アプリケー

ションやドライバ) が含まれている場合には、念のためお買い上げの OEM 製品の発売元へ、イメージの利用の可否をご確認ください。

③ ライセンスが割り当てられていないサーバーに、OEM ライセンスで作成したイメージまたは OEM ライセンスに付属されているメディアを使

用して Windows Server をインストールすることはできません。

Server Server

Windows Serverメディア

Windows Serverイメージ

Server

Server

ライセンス割り当て済みサーバー (OEM、VL、FPP)

ライセンス割り当てられていないサーバー

Windows ServerOEM ライセンス

Server ①

②NG OK!

NG

Windows Server 2016 の SA には、Microsoft Azure ハイブリッド使用特典が付いています。この特典により、オンプレミスで保有

している SA 付きの Windows Server のライセンスを Azure で使用することができます。特典を利用すると、Azure 側で必要な費用

は、新しい 仮想マシンのコンピューティング料金のみとなり、他のパブリック クラウドで Windows Server を実行する場合に比べ

てコストを削減できます。

使用可能な Azure の仮想マシン

SA 付きの Windows Server 2016 Datacenter / Standard のライセンス (最低 16 コア ライセンスが必要) ごとに、

最大 2 つのインスタンスかつ合計最大 16 仮想コアの Windows Server 仮想マシンを Azure 上で使用できます。

クラウドとオンプレミスで同時に展開可能

Azure に割り当てたワークロードはオンプレミスで使用停止

L+SA なら Azure のハイブリッド使用特典も利用可能

Standard のライセンスの場合

ハイブリッド使用特典を利用した場合、Azure にライセン

スを割り当てたオンプレミスのワークロードは使用を停止

にする必要があります。

Datacenter のライセンスの場合

ハイブリッド使用特典を利用した際にも、Azure 上で仮想

マシンを実行しながら、既存のオンプレミスでも無制限

の仮想 OSE を展開することができます。

Page 19: Windows Server 2016 System Center 2016...Windows Server 2016 Datacenter/Standard のサーバーライセンスは物理コア単位で購入します。サーバーライセンスは、Windows

ライセンス購入ケース スタディ

プラットフォームの変更

Windows Server 2016 は 64-bit 版のみの提供となっておりますが、Windows Server 2008 では、64-bit 版に加えて 32-bit 版が提供

されています。ダウングレード権またはダウン エディション権を行使して Windows Server 2008 を実行する場合は 64-bit 版の代

わりに 32-bit 版をご利用いただくこともできます。

19

Windows Server 2016 Windows Server 2008

x86 Editions

Windows Server 2008

x64 Editions

Server

OK!

OK!

アクティベーション

Windows Server の OS イメージを別のハードウェアにコピーして使用したり、再インストールすると、再アクティベーションが必

要となる場合があります。以下の方法にて再アクティベーションできます。

① OS イメージを別のハードウェアにコピーしてブートすると、または再インストールすると、プロダクト キーの入力が求めら

れます。OS イメージをコピーした場合は、その OS イメージを作成するときに使用したメディア、再インストールした場合

は、再インストールに使用したメディアに付属のプロダクト キーを入力します。

② 下記の窓口に電話し、以下の情報を伝えます。

マイクロソフトライセンス認証窓口 (MPA): 0120-801-734 (年中無休 24 時間)

※音声ガイダンスに沿ったお電話でのセルフサービス認証は 24 時間、365 日対応しておりますが、窓口担当者による対応は、平日:9 時~ 18 時、土日:10 時~ 18 時 (祝日および年末年始休業) になります。

A) ライセンス認証ウィザード内ステップ 2 に表示されるインストール ID (6 桁 × 9 = 54 桁)

B) ライセンス認証手続き希望の製品名 (Windows Server 2012 R2 Datacenter、Windows Server 2008 R2 Enterprise など)、形態 (FPP、OEMなど)、インストール環境 (物理インスタンス、仮想インスタンスなど)

C) 所有している製品名 (Windows Server 2012 R2 Datacenter、Windows Server 2008 R2 Enterprise など) と形態 (FPP、OEM など)

Windows Server 2016 には以前のバージョンへダウングレードして使用できる権利があります。また、バージョンを問わずダウン

エディションして使用できる権利があります。購入した Windows Server で実行可能なバージョン、エディションは、以下の表よ

り確認いただけます。

Windows Server のダウングレード

Windows Server ライセンス ライセンスプログラム Datacenter Enterprise StandardWeb

ServerHPC Essentials

Windows Server 2016

Datacenter

ボリューム ライセンス ● ● ● ● ● ●

OEM ● ● ● ● ● ●

Windows Server 2016

Standard

ボリューム ライセンス ● ● ● ● ●

OEM ● ● ● ● ●

• Windows 2000 Server や Windows NT Server といった上記表に記載のないバージョンへもダウングレードできます。ダウングレードする際は、サポート ライフ サイクル(http://support.microsoft.com/) をご確認ください。

メディアの入手方法

ボリューム ライセンスをお持ちの場合、MPSA の場合は Volume License Center (https://licensing.microsoft.com/customer) 、それ

以外のお客様は Volume License Service Center (https://www.microsoft.com/Licensing/servicecenter) でご確認いただけます。

ダウングレード

Page 20: Windows Server 2016 System Center 2016...Windows Server 2016 Datacenter/Standard のサーバーライセンスは物理コア単位で購入します。サーバーライセンスは、Windows

20

System Center 2016 のライセンスの基礎知識

System Center 2016 の ML (マネジメント ライセンス) について

マネジメント ライセンス (ML) は、System Center 2016 の各コンポーネントによって管理されるサーバー、およびクライアントの

OSE (Operating System Environment) ごとに必要になります。管理対象がサーバー製品 (ファイル サーバーや Exchange Server、

SQL Server など) の場合には「サーバー ML」が必要です。また、管理対象がクライアント製品 (Windows 10 など) の場合には「ク

ライアント ML」が必要になります。なお、System Center 2016 サーバー ソフトウェアの実行権は、ML に含まれているため、

System Center 2016 のサーバー ライセンスは必要ありません。

System Center 2016 のご利用にあたっては、ソフトウェアを使用する権利である「ライセンス」の取得が必要にな

ります。ここでは、System Center 2016 のライセンスについて、その購入方法やライセンスの種類などの基礎知識

についてご説明します。

System Center 2016(管理する側のサーバー)

• サーバー ライセンスは不要:

System Center 2016 のサーバーソフトウェアを実行する権利が含まれる

• SQL Server テクノロジを包含:

System Center 2016 サーバー ソフトウェアに SQL Server テクノロジが含まれる

管理対象のサーバー

サーバー OSE を実行する管理対象デバイスごとにサーバーML が必要

管理対象のクライアント

• Windows 7 / 8 /10

• Windows Mobile

• Windows RT

• Windows Phone• iOS/Android など

• ファイル サーバー

• Exchange Server• SQL Server など

非サーバー OSE を実行する管理対象デバイスごとにクライアント ML が必要

Server

Server Server Server

Client

Client Client Client

Page 21: Windows Server 2016 System Center 2016...Windows Server 2016 Datacenter/Standard のサーバーライセンスは物理コア単位で購入します。サーバーライセンスは、Windows

System Center 2016 のライセンスの基礎知識

System Center 2016 サーバー ML

System Center 2016 では、Standard と Datacenter の 2 種類のサーバー ML を提供します。

Standard と Datacenter の両ライセンスには、次のような特徴があります。

Standard と Datacenter の両ライセンスには、System Center 2016 のすべてのコンポーネントが含まれており、管理対象サー

バーで実行されているアプリケーションの有無に関係なく管理することができます。

Standard と Datacenter のいずれも、各管理対象サーバーに必要なサーバー管理ライセンスの数は、その管理対象サーバー内の

物理コアの数によって決まります。

同じサーバー上のすべての物理コアに対して、同じエディションのサーバー ML を取得する必要があります。(同じサーバー上

に Standard と Datacenter を混在して割り当てることはできません)

Datacenter の場合、管理対象サーバー上のすべての物理コアのライセンスを取得すると、そのサーバー上の無制限の OSE を管

理できます。

Standard の場合、管理対象サーバー上のすべての物理コアのライセンスを取得すると、そのサーバー上で 2 つの OSE を管理で

きます。

Standard は、管理対象サーバー上のすべての物理コアに対して追加のコア ライセンスを取得し、同じ物理コアに割り当てるこ

とで、追加の OSE または Hyper-V コンテナーを管理できます。

Standard と Datacenter 共に SA が付属しています。

21

System Center 2016Datacenter

System Center 2016Standard

OSE/Hyper-V コンテナー 無制限 2

Windows Server コンテナー 無制限 無制限

Configuration Manager ● ●

Operations Manager ● ●

Data Protection Manager ● ●

Virtual Machine Manager ● ●

Service Manager ● ●

Orchestrator ● ●

Endpoint Protection ● ●

System Center グローバルサービスモニターSystem Center 2012 サービス管理ライセンスのアクティブなマイクロソフト ソフトウェア アシュアランス契約をお持ちのお客様だけがご利用になれます。また、このソフトウェア アシュアランス特典は、サポート対象国でのみ提供されます。サポート対象国については次の URL (英語)

を参照ください。

https://products.office.com/en-us/business/international-availability?legRedir=true&CorrelationId=0b23811b-824e-412d-

a2a9-62bf55fbddf8

Page 22: Windows Server 2016 System Center 2016...Windows Server 2016 Datacenter/Standard のサーバーライセンスは物理コア単位で購入します。サーバーライセンスは、Windows

System Center 2016 のライセンスの基礎知識

System Center 2016 のクライアント ML

System Center 2016 の管理対象が、Windows 7/8/10 や Mac OS などのサーバー OS 以外の場合、クライアント ML が必要です。

System Center 2016 のクライアント ML は、OSE 単位の購入に加えて、ユーザー単位でも購入できるため、自社環境に適した単位

でライセンスを購入いただけます。また、System Center 2016 クライアント ML には、サーバー ソフトウェア (SQL Server テクノ

ロジを含む) の実行権が含まれており、別途サーバー ライセンスを取得する必要はありません。

System Center 2016 では、SCCM (SCVMM を含む)、SCEP、System Center Client Management Suite (複数コンポーネントを包含)

の 3 つのクライアント ML を提供します。なお、System Center 2016 クライアント ML は、コンポーネントによって、CAL スイー

ト製品である Core CAL および ECAL で購入することもできます。同様に Microsoft Intune には、System Center Configuration

Manager クライアント管理ライセンス (CML) および System Center Endpoint Protection サブスクリプションが含まれます。

22

Configuration Managerクライアント管理ライセンス

Endpoint Protectionサブスクリプション

Client Management Suite のクライアント管理ライセンス

含まれるコンポーネント• Configuration Manager

• Virtual Machine Manager• Endpoint Protection

• Service Manager

• Operations Manager

• Data Protection Manager

• Orchestrator

コア CAL スイートに含まれる

● ●

エンタープライズ CAL

スイートに含まれる● ●

* クライアント管理ライセンスは、OSE 単位またはユーザー単位で購入できます。

CAL スイート製品

さまざまなアプリケーションにアクセスするクライアントを System Center 2016 で管理する場合、CAL スイート製品であるCore

CAL と ECAL (Enterprise CAL) をお勧めします。

Core CAL には、SCCM および SCEP のクライアント ML に加えて、Windows Server CAL、Exchange Server Standard CAL などが含

まれています。ECAL は、Core CAL に加えて、System Center Client Management Suite、Exchange Server Enterprise CAL や

SharePoint Server Enterprise CAL など、CAL とサブスクリプション ライセンスを 1 つのスイート製品で提供し、個別にライセンス

を購入するよりもお得にライセンスを購入できるため、導入コストとライセンス管理の負担を削減できます。

サーバー CAL とクライアント ML Core CAL ECAL

Windows Server

Windows Server CAL ● ●

Active Directory Rights Management Services ●

Exchange

Exchange Server Standard CAL ● ●

Exchange Server Enterprise CAL ●

Exchange Online Archiving ●

SharePoint

SharePoint Server Standard CAL ● ●

SharePoint Server Enterprise CAL ●

Skype for Business

Skype for Business Server Standard CAL ● ●

Skype for Business Server Enterprise CAL ●

System Center

System Center Configuration Manager クライアント ML

(SCVMM のクライアント ML を含む)

● ●

System Center Endpoint Protection ● ●

System Center Client Management Suite (SCSM、SCOM、SCDPM、SCO のクライアント ML を含む)

Page 23: Windows Server 2016 System Center 2016...Windows Server 2016 Datacenter/Standard のサーバーライセンスは物理コア単位で購入します。サーバーライセンスは、Windows

23

お得なスイート ライセンス

データ センター/仮想化環境に必要なライセンスを包括的に提供するライセンス スイート、Core Infrastructure Server (CIS)

CIS Suite は、データセンターを構築するお客様が、多数の仮想化環境の運用管理を効率的に行い、高いセキュリティ レベルを維

持すために必要となるライセンスを包括的に提供する、ライセンス スイートです。

Windows Server 2016 と System Center 2016 のライセンスは、個々の製品ライセンスを購入できることに加えて、

両製品、あるいはクラウド サービスの利用を包括したスイート ライセンスで購入することもできます。これらのス

イート ライセンスは、個別に購入するよりもお得な価格で提供されるため、導入コストを抑えることが可能です。

CIS Suite には 2 つのエディションがあります

CIS Suite は、Windows Server のサーバー ライセンスと System Center のサーバー ML を組み合わせて提供します。データ セン

ターの構築には、OS、仮想化基盤、運用管理基盤、セキュリティ対策基盤など、さまざまなテクノロジが必要です。CIS Suite で

は、これらの機能をマイクロソフト プラットフォームで標準化できるため、一貫した操作性と共通のサポート窓口を利用できま

す。さらに、スイートに含まれる製品のライセンス モデルを統一し、単一のライセンスとして、個別に製品を購入するよりもお

得な価格で提供します。データセンターの構築に伴うライセンス管理の簡略化と導入コストの低減を実現できます。CIS Suite では、

Datacenter と Standard の 2 つのエディションを提供します。お客様のデータセンター環境に応じて、最適なエディションを選択

いただけます。

CIS Suite のエディション

ライセンスが割り当てられた物理サーバーにおいて無制限の仮想 OSE の実行と管理が可能

ライセンスが割り当てられた物理サーバーにおいて2 つの仮想 OSE の実行と管理が可能

Core Infrastructure Server Suite

Datacenter

System Center 2016Datacenter

Windows Server 2016Datacenter

Core Infrastructure Server Suite

Standard

System Center 2016Standard

Windows Server 2016Standard

サーバーおよびクラウド加入契約 (SCE)

お客様はさまざまなコンポーネント製品を マイクロソフトの主要なサーバーおよびクラウド テクノロジで標準化できます。

SCE は EAP (アプリケーション プラットフォーム 加入契約) に 4 つの変更を追加

1 2 3 4

Windows Server +System Center を

利用できる

既定で Microsoft Azure

を含む割引および条件を

標準化サブスクリプションオプションを追加

Page 24: Windows Server 2016 System Center 2016...Windows Server 2016 Datacenter/Standard のサーバーライセンスは物理コア単位で購入します。サーバーライセンスは、Windows

お得なスイート ライセンス

SCE の特典

24

SCE には、全社規模でご契約いただく代わりに、クラウドに最適化された新しいライセンス オプションや、シンプルなライセンス

管理、魅力的な価格や条件などのさまざまな特典があります。

クラウド対応

標準化と簡素化

コスト削減と特典

クラウドの容易な導入

サブスクリプションの柔軟性

アプリケーションライセンス モビリティ

クラウド管理特典

サーバーおよびクラウド テクノロジに関する単一の加入契約

一貫性のあるクラウド OS

プラットフォーム

最新テクノロジーの利用

ライセンス管理の削減

最も有利な価格と条件

エンタープライズ向け製品使用権

無制限のサポート*

クラウド対応SCE には、Microsoft Azure の料金、クラウドへのアプリケーションのライセンス モビリティ、System Center

で Azure のリソースを管理する特典が用意されています。また、新しいサブスクリプション ベースのオプ

ションも用意されているため、ワークロードの廃止、統合、クラウドへの移行の際に柔軟性が高まります。

標準化と簡略化SCE のお客様は、さまざまな展開方法に対応した最新のテクノロジと特典を利用できるだけでなく、標準化さ

れた型番によりシンプルなライセンスを利用できます。さらに、SCE で CIS を採用していただくと、オンプレ

ミスでも Azure でも、標準化された管理プラットフォームが提供されます。

コストの削減と特典SCE は、新規のライセンス、ソフトウェア アシュアランス、Azure の割引をはじめ、サーバーおよびクラウド

製品を対象とした、Microsoft の最も魅力的な価格と特典を提供します。該当するお客様には、無制限のサ

ポートなど、プレミアム特典を受ける資格も提供されます。

EAP と ECI のお客様が既存の契約期間中に影響を受けることはありません

アプリケーションプラットフォーム加入契約 (EAP) のお客様EAP のお客様は、SCE で全社規模の契約を更新できます。また、お客様は Microsoft Azure、新たに追加された柔軟なサブスクリプション オプション、および EA での標準化された一連の割引を利用できるようになります。

コアインフラストラクチャ加入契約 (ECI) のお客様SCE で CIS への全社規模の契約を結ぶことによって、お客様は当社の最適な価格と条件、新しいサブスクリプション オプション、および新しい Azure 特典を利用できます。CIS への全社規模の契約を結ばないお客様は、専用の契約または最小数量のないその他のボリューム ライセンス プログラムを通してライセンスを取得できます。

Page 25: Windows Server 2016 System Center 2016...Windows Server 2016 Datacenter/Standard のサーバーライセンスは物理コア単位で購入します。サーバーライセンスは、Windows

お得なスイート ライセンス

利用可能なコンポーネントの中から 1 つ以上を選択して購入

25

SCE には、全社規模でご契約いただく代わりに、クラウドに最適化された新しいライセンス オプションや、シンプルなライセンス

管理、魅力的な価格や条件などのさまざまな特典があります。

製品:

CIS SKU

(Windows Server +

System Center)

要件:

すべての Windows Server に対する CIS の適用

製品:

SQL Serverオプションで購入可能:

SharePoint Server および

BizTalk Server

要件:

SA をすべてに適用

製品:

Visual Studio Enterprise

要件:

SA をすべてに適用

製品:

すべての Microsoft Azure

クラウド サービス

要件:

単独でライセンスを取得することもできる

コア インフラストラクチャ

アプリケーションプラットフォーム

開発者プラットフォーム

Microsoft

Azure

+ Microsoft Azure の利用

SCE の各コンポーネントの詳細

コアインフラストラクチャ

アプリケーションプラットフォーム

開発者プラットフォーム

Microsoft

Azure

製品 製品 製品 製品

• CIS Datacenter

• CIS Standard

• CIS Datacenter(Windows Server なし)

• CIS Datacenter(System Center なし)

• CIS Standard(Windows Server なし)

• CIS Standard(System Center なし)

ライセンスを取得したすべてのWindows Server の展開について、上記のいずれかの SKU を取得する必要があります。

• SQL Server CAL

• SQL Server Enterpriseコア ライセンス

• SQL Server Standardコア ライセンス

• SQL Server Standardサーバー ライセンス

• SQL Server Parallel DataWarehouse コア ライセンス

• BizTalk Server Enterpriseコア ライセンス

• BizTalk Server Standardコア ライセンス

• BizTalk Server Branchコア ライセンス

• SharePoint Server

• Visual Studio Enterprise

• Visual Studio Test Professional

• Visual Studio Team Foundation

Server CAL

• MSDN Platforms

すべての Microsoft Azure

クラウド サービス

最小発注要件 最小発注要件 最小発注要件 最小発注要件

最低発注数は、

Core Infrastructure Server Suite Standard または Datacenter (いずれかのエディションまたは両方の組み合わせ) について 400 コアライセンス

SQL Server: SQL Server コア ライセンス x 50、または SQL Server

サーバー ライセンス × 5 + CAL

× 250

SQL Server PDW: 32 コアBizTalk: 任意のエディションによる 24 コアSharePoint Server: 5 サーバー

Visual Studio Enterprise20 ライセンス

または、単独でライセンスを取得可能

SCE およびマイクロソフトの EA契約

● EA の下で結ばれる 3 年間のコミットメント● EA の特典も含まれる (ボリューム ディスカウントなど)

● 既存の EAP と ECI のお客様向けには更新として提供*

* ECI のお客様は、ソフトウェア アシュアランスを含むコア インフラストラクチャ スイート (CIS) への全社規模のコミットメントを結ぶ必要があります。

Page 26: Windows Server 2016 System Center 2016...Windows Server 2016 Datacenter/Standard のサーバーライセンスは物理コア単位で購入します。サーバーライセンスは、Windows

26

サービス プロバイダー向けライセンス

SPLA とは

通常のボリューム ライセンスは、企業内での利用が前提となっているため、企業外の第三者への Windows Server 2016 や System

Center 2016 を利用したサービスの提供はできません。そこで、ホスティング サービスや ASP サービス、SaaS など、Windows

Server 2016 をサービス提供企業外の第三者が利用する場合に最適なライセンスが、Microsoft Services Provider License Agreement

(SPLA: スプラ) です。

ホスティング サービスや ASP サービス、SaaS など、外部の第三者にソフトウェアやオンライン サービスを提供す

るサービス プロバイダーが Windows Server 2016 や System Center 2016 を利用する場合、Services Provider License

Agreement (SPLA) が必要になります。

ボリュームライセンスの購入では... SPLA なら

第三者のエンド ユーザーは、企業内のサーバーにアクセスできません。

第三者のエンド ユーザーは、ライセンスを購入することなく、サービス プロバイダーの提供するサービスを

利用することができます。

企業がボリュームライセンスで購入した

Windows Server 2016

ECServer 第三者のエンド ユーザー

原則として外部の第三者は利用できません。

Windows Server 2016

サービスプロバイダー

ホスティングサービス

オンラインサービス

外部の第三者が自由にサーバーを利用できます。

こんな業務では SPLA が最適

SPLA は次のような業務、事業での利用に最適です。

インターネットや専用回線で、Windows Server 2016や System Center 2016 を利用したサービスを第三者のエンドユーザーに提供する業務

● ストリーミング メディア サービス

● ホスティング サービス

● プラットフォーム インフラ サービス

● メールやコラボレーション サービス

● ASP サービスや SaaS

● オンライン ゲーム ● アウトソーシング サービス

● データ センター

Page 27: Windows Server 2016 System Center 2016...Windows Server 2016 Datacenter/Standard のサーバーライセンスは物理コア単位で購入します。サーバーライセンスは、Windows

サービス プロバイダー向けライセンス

SPLA と通常のボリューム ライセンスとの違い

SPLA は、企業内の利用に限定されず、さまざまなニーズに応えることができます。また、導入コストも無駄のない月額払いです。

27

SPLA 通常のボリューム ライセンス 備考

サーバー製品のライセンス購入形態(Windows Server や System Center)

• コア ライセンス(物理プロセッサごとに最低 8 コアを購入)

• CAL は不要

• コア ライセンス(物理サーバーごとに最低 16 コアを購入、物理プロセッサごとに最低 8

コア購入)

• CAL (ユーザーまたはデバイス単位で購入)

コア ライセンス: サービスを提供するサーバーの物理コアごとにライセンスを購入

その他製品のライセンス購入形態(Remote Desktop 等)

サブスクライバー アクセスライセンス(1 人のユーザー単位で購入)

CAL

ホスティングや ASP などのサービス(サービス プロバイダー経由) としてWindows Server 2016 を利用

可 不可

Windows Server 2016 の社内利用 可 (50% 未満の条件有) 可

SPLA でも通常のボリュームライセンス同様Windows Server 2016 の提供があります。

社員や関連会社の外部からの利用可 (プロセッサ ライセンスをサービスプロバイダーと契約する必要あり)

可 (エクスターナル コネクタ ライセンス、または CAL で利用可能)

複数サーバーへの第三者のアクセス 可可 (エクスターナル コネクタ ライセンス、または CAL で利用可能)

ライセンス料金の支払方法 1 か月ごとの月額従量制 (非永続的)契約形態によって一括、または 1 ~ 3

年単位

バージョンアップへの対応 常に最新のバージョンの利用が可能SA (ソフトウェア アシュアランス) の購入により、最新バージョンにアップグレード可能

アカデミック版 あり あり

Windows Server 2016 の仮想化環境における SPLA

Windows Server 2016 の Hyper-V や Virtual Machine Manager などの仮想化技術を利用したケースで SPLA を適用するためには、

次の要件を満たしている必要があります。

すべての物理コア数分のライセンスを購入 (物理プロセッサごとに最低 8 コア)

1 仮想化環境内の仮想インスタンスが、1 物理インスタンス上のホスト OS となる Windows Server 2016 のエディションによっ

て許された仮想インスタンス数内であること

Windows Server 2016 Standard Windows Server 2016 Datacenter

仮想インスタンス

1 インスタンスサーバー上の物理コアのライセンスを取得すると、1 仮想 OSE / Hyper-V コンテナを実行できます。

無制限サーバー上の物理コアのライセンスを取得すると、仮想 OSE / Hyper-V コンテナで無制限のインスタンスを実行できます。

仮想 OSE

仮想化ソフトウェア

Windows Server 2016

2 プロセッサ( 各 10 コア)

Windows Server 2016 Datacenter の場合

●必要なライセンス数

20 コア ライセンス(2 コア パック × 10 )

Windows Server 2016 Standardの場合

●必要なライセンス数

20 コア ライセンス(2 コア パック × 10 )

仮想化ソフトウェア

Windows Server 2016

2 プロセッサ( 各 10 コア)

Windows Server 2016 Datacenter の場合

●必要なライセンス数

Windows Server 2016 Standardの場合

●必要なライセンス数

20 コア ライセンス(2 コア パック × 10 )

80 コア ライセンス(2 コア パック × 40 )

仮想 OSE 仮想 OSE 仮想 OSE 仮想 OSE

Page 28: Windows Server 2016 System Center 2016...Windows Server 2016 Datacenter/Standard のサーバーライセンスは物理コア単位で購入します。サーバーライセンスは、Windows

サービス プロバイダー向けライセンス

System Center 2016 の仮想化環境における SPLA

SPLA は、企業内の利用に限定されず、さまざまなニーズに応えることができます。また、導入コストも無駄のない月額払いです。

28

Windows Server 2016におけるダウングレードとダウンエディション

Windows Server Datacenter、Enterprise、Standard、Web Server

Windows Server Datacenter、Enterprise、Standard、Web Server

Windows Server HPC Server OSWindows Server Standard

現行バージョン

現行バージョン

旧バージョン (Windows Server 2016 以前)

旧バージョン (Windows Server 2016 以前)

※ 1 Windows Server 2016 Standard ライセンスで実行できる OSE は、Windows Server 2016 の使用権に準じます。

System Center 2016 Standard管理対象サーバーのすべての物理コアに System Center 2016 Standard ライセンスが必要です。これらのライセンスを割り当てると、System Center 2016 Standard コア ライセンスが割り当てられているデバイス上で実行されているサーバー OSE を 1 つ管理できます。※複数のサーバー OSE を管理する場合には、物理コア数 × OSE 数のライセンスが必要です。

System Center 2016 Datacenter管理対象サーバーのすべての物理コアに System Center 2016 Datacenter ライセンスが必要です。これらのライセンスを割り当てると、System Center 2016 Datacenter コア ライセンスが割り当てられているデバイス上で実行されている任意の数のサーバー OSE を管理できます。

System Center 2016 Standard、Datacenter に含まれるコンポーネント

● Operations Manager

● Virtual Machine Manager

● Configuration Manager

● Endpoint Protection

● Data Protection Manager ● Service Manager

● Orchestrator

<SQL Server Technology 含む>

必要なライセンス Standard Datacenter

例 1 1 プロセッサ (8 コア) のサーバーが 2 台 仮想 OSE なし 16 16

例 2 2 プロセッサ (各 8 コア) のサーバーが 1 台 仮想 OSE なし 16 16

例 3 1 プロセッサ (8 コア)のサーバーが 1 台 仮想 OSE × 3 248×3 OSE

8

例 4 2 プロセッサ (各 8 コア)のサーバーが 1 台 仮想 OSE × 8 12816×8 OSE

16

サーバー

OSE

お得なスイートライセンスCore Infrastructure Server Suite (CIS) は個別に製品を購入する場合の価格と比較して低コストで購入することができます。

Core Infrastructure Server Suite Datacenter

(= Windows Server 2016 Datacenter + System Center 2016 Datacenter)

Core Infrastructure Server Suite Standard

(= Windows Server 2016 Standard + System Center 2016 Standard)

サーバー

OSE

サーバー

OSE

8コア×2

8コア×1 8コア×1

8コア×1

8コア×2サーバー

OSEサーバー

OSEサーバー

OSEサーバー

OSE

サーバー

OSEサーバー

OSEサーバー

OSEサーバー

OSE

※コア ライセンスは 2 コア単位で販売されるため、各エディションに必要な総ライセンス数を 2 で割ります。16 の場合、16÷2 = 8 個の 2 ライセンス パックを購入。

Page 29: Windows Server 2016 System Center 2016...Windows Server 2016 Datacenter/Standard のサーバーライセンスは物理コア単位で購入します。サーバーライセンスは、Windows

29

関連情報

ライセンス関連情報

● マイクロソフト ボリューム ライセンス

http://www.microsoft.com/ja-jp/licensing

● サービス プロバイダー様向けライセンス プログラム: SPLA

http://www.microsoft.com/ja-jp/licensing/licensing-options/spla-program.aspx

Windows Server と System Center の製品情報

● Windows Server 2016

http://aka.ms/ws-jp

● Windows Server 2016 購入方法 / ライセンス早わかりガイド

http://aka.ms/ws-pricing

● System Center 2016

http://aka.ms/sc-jp

● System Center 2016 購入方法

http://aka.ms/sc-pricing

● System Center Configuration Manager

http://aka.ms/sccm-jp

● System Center Configuration Manager 購入方法

http://aka.ms/sccm-pricing

●クラウドプラットフォーム製品およびサービス

http://aka.ms/cloud-platform-jp

Hyper-V に関するお問い合わせ

https://www.microsoft.com/ja-jp/server-cloud/local/support/cloud-direct/default.aspx

Cloud Direct (法人様、パートナー様限定)

● 電話番号: フリーダイヤル 0120-39-8185 ● 受付時間: 9:00 ~ 17:30 ● 営業日: 月曜日 ~ 金曜日 (弊社指定休業日を除く)

※お問い合わせの際には、電話番号をお間違いのないようおかけください。

Cloud Direct は、Microsoft Azure と Hyper-V の利用をご検討、ご提案、情報収集されている法人のお客様やパートナー様をご

支援する、法人のお客様を対象としたマイクロソフトの新しい無償コール センター サービスです。購入、導入前のお客様の

みならず、ご提案中のパートナー様も同じ 1 つの電話番号におかけいただき、オペレーターがお問い合わせに対応いたします。

• 本窓口は技術サポート窓口ではないため、一部お問い合わせに関しては有償のサービスをご案内させていただくこともあります。

• より良い情報提供のため、お問い合わせ内容により、お預かりした後、担当におつなぎすることもあります。

• Cloud Direct は、お客様の購入、提案支援のための窓口です。技術サポート窓口とは異なりますのでご注意ください。

• お客様へのご案内はお電話以外にもメールでご案内を行う場合もございますのでご了承下さい。

Page 30: Windows Server 2016 System Center 2016...Windows Server 2016 Datacenter/Standard のサーバーライセンスは物理コア単位で購入します。サーバーライセンスは、Windows

関連情報

30

中堅中小企業専用ご相談窓口

http://www.microsoft.com/japan/msbc/Express/sbc/sbit/default.aspx

カスタマー インフォメーション センター

電話番号: フリーダイヤル 0120-41-6755 ● 受付時間: 9:00 ~ 17:30 ※土日祝、弊社指定休業日を除く

※お問い合わせの際には、電話番号をお間違いのないようおかけください。

カスタマー インフォメーション センターは、皆さまの IT 導入について、都度最適なサポートを行うためのお問い合わせ 窓口

です。おすすめ製品、キャンペーンの紹介、IT 導入、製品購入、ライセンスについて聞きたい方、マイクロソフト製品に 関

するお悩み、IT 支援施策に関するお悩み、IT 活用全般のお悩みなどお電話もしくはメール フォームから、お気軽にお問い合

わせください。

パートナー様専用ご相談窓口

https://mspartner.microsoft.com/ja/jp/pages/Support/call-center.aspx

パートナー コールセンター

● 電話番号: フリーダイヤル 0120-70-8105 ● 受付時間: 9:00 ~ 17:30 ※土日祝、弊社指定休業日を除く

※お問い合わせの際には、電話番号をお間違いのないようおかけください。

パートナー コール センターは、どんな小さなことでもすぐに ご相談いただける電話窓口です。IT 導入や製品購入の提案、ラ

イセンスについて聞きたいパートナー様は、お電話もしくはメール フォームから、お気軽にお問い合わせください。

Windows Server 2016、System Center 2016 の詳細は次の URL をご参照ください。

http://aka.ms/ws-jp

http://aka.ms/sc-jp

Page 31: Windows Server 2016 System Center 2016...Windows Server 2016 Datacenter/Standard のサーバーライセンスは物理コア単位で購入します。サーバーライセンスは、Windows

●記載されている、会社名、製品名、ロゴ等は、各社の登録商標または商標です。 ●製品の仕様は、予告なく変更することがあります。予めご了承ください。

製品に関するお問い合わせは、次のインフォメーションをご利用ください。

■ インターネット ホームページ http://www.microsoft.com/ja-jp/

■ マイクロソフト カスタマー インフォメーションセンター 0120-41-6755 (9:00~17:30 土日祝日、弊社指定休業日を除きます)

■ マイクロソフト ボリューム ライセンス コールセンター 0120-737-565 (9:00~17:30 土日祝日、弊社指定休業日を除きます)

※ 電話番号のおかけ間違いにご注意ください。

ご購入に関するお問い合わせは、マイクロソフト認定パートナーへ。

■ マイクロソフト認定パートナー http://www.microsoft.com/ja-jp/partner/

〒108-0075 東京都港区港南 2-16-3 品川グランドセントラルタワー