RGB Workflow Color Management Service - Fuji Xerox ... 特集...

download RGB Workflow Color Management Service - Fuji Xerox ... 特集 RGBمƒ¯مƒ¼م‚¯مƒ•مƒ­مƒ¼ ه¯Œه£«م‚¼مƒ­مƒƒم‚¯م‚¹

of 12

  • date post

    24-Apr-2020
  • Category

    Documents

  • view

    0
  • download

    0

Embed Size (px)

Transcript of RGB Workflow Color Management Service - Fuji Xerox ... 特集...

  • 特集

    富士ゼロックス テクニカルレポート No.24 2015 21

    RGBワークフロー カラーマネジメントサービス RGB Workflow Color Management Service

    要 旨 カラーマネジメント技術は、印刷・デザイン領域で

    使用されるプリンターのカラーマネジメント技術と、

    ディスプレイに用いられるカラーマネジメント技術

    がある。近年は製造業でデジタル化が進んだことによ

    り、設計業務で大型ディスプレイやプロジェクターを

    活用するなど、機器の使用方法が変化している。しか

    し、機器間の色が合わずにデジタル化の大きな課題と

    なっている。富士ゼロックスは、さまざまな機種の色

    再現の環境を統一させることを目的として技術開発

    を行った。この技術は、視覚特性を重視した色域圧縮

    技術やモデリング技術、お客様環境を最適に構築する

    コンサルティングなどで構成される。ここでは、RGB

    ワークフローカラーマネジメントサービスの事例と

    して、具体的なワークフローの例を説明する。本サー

    ビスにより、今まで実現できなかったデジタル化や、

    トータルコストの削減、新しい働き方といった価値を

    提供できるものと考えている。

    Abstract

    Color management technology deals with two different areas: printers used in printing and design, and displays. The recent progress made in digitization in the manufacturing industry has changed the usage of such devices as large displays and projectors, which are now utilized for design work. However, digitization isstill hampered by mismatching color between devices. Fuji Xerox has therefore developed a new technology aimed at creating a consistent environment to achieve color reproducibility equally on a wide range of devices. This technology consists of a gamut mapping algorithm focused on visual properties, modeling technology, and consulting technology that optimizes customer environments. This paper introduces examples of workflow based on the RGB Workflow Color Management Service, which can provide such new value as an unprecedented level of digitization, slashes in total cost, and a brand-new style of working.

    執筆者 酒井 典子(Noriko Sakai) 岩渕 稔弘(Toshihiro Iwafuchi) デバイス開発本部 イメージングプラットフォーム開発部 (Imaging Platform Development, Device Development

    Group)

    【キーワード】

    カラーマネジメント、ディスプレイ、プリン

    ター、印刷、製造

    【Keywords】

    color management, display, printer, printing,

    manufacturing

  • 特集

    RGBワークフローカラーマネジメントサービス

    22 富士ゼロックス テクニカルレポート No.24 2015

    1. はじめに

    近年のIT化の進展により、モノ作りやデザイ

    ン業務のワークフローで、デジタル化が急速に

    進んでいる。従来のデザインにおいては、紙上

    のデザイン構想やモックアップ(デザイン検討

    用の模型)による試作品でフォルムや色の確認

    を実施してきた。しかし、コスト削減のための

    デザイン作業の効率化やモックアップの削減の

    必要性から、デザイン方法は紙からデジタル写

    真データやCGデータを用いた方法へと変化し

    ている。さらに、モックアップの確認は、大型

    ディスプレイやプロジェクターを用いて、ソフ

    トウェア上のシミュレーションで確認するよう

    に、ワークフローの変更が検討されている。こ

    れらデジタル化の促進により、デザインデータ

    変更の容易性の向上や、モックアップ作成費用

    とデザイン検討工数の削減が期待されている。

    しかし、従来のワークフローでは発生していな

    かった、表示デバイスの特性の違いや環境の影

    響による特性の変化、使用しているアプリケー

    ションの違いなどによって、表示デバイス間で

    「色の見えの違い」が発生し、同じデータを表

    示しても、違う色に見えてしまう「色のコミュ

    ニケーションミス」が発生している。これは、

    使用している機器が正しい色を表示しているか

    どうかわからないという課題や、デザインの詳

    細が確認できないなどの課題があることに起因

    している。この「色のコミュニケーションミス」

    が、デジタル化の進展を阻害する要因となって

    いる。

    2. 商品デザインワークフローと課題

    商品デザインのワークフローにおける機器の

    使用例を図1に示す。

    ① 各デザイナーは、自身のディスプレイ上で商

    品の企画やデザイン案を検討する。そのデー

    タはチームでシェアされ、同じデータを複数

    人で共有することとなる。

    ② デザイン案を作成すると、大型ディスプレイ

    を使用して会議が実施され、デザイン案が固

    まる。

    ③ デザインレビューを承認者に実施する。プロ

    ジェクターでデザイン案を報告し、最終デザ

    インを固める。

    このワークフローで想定される「色のコミュ

    ニケーションミス」には、次のようなものがあ

    る。まず、①では、データは同じであるが各自

    が特性の異なるディスプレイで見ているため、

    商品のデザインの色が他者と共有されない。そ

    の結果、各自のデザインの意図が伝わらずに、

    基準となるディスプレイで都度、色を確認しな

    ければならないなど、無駄な工数が発生する。

    その結果、デザイン検討の時間がなくなり、十

    分に検討されていないデザイン案を出すことと

    なる。次に、②③でデザインを確認するディス

    プレイ、プロジェクターは、デザイナーのディ

    スプレイと特性が異なるため、①で使用した

    ディスプレイの表示と異なる色で表示され、承

    認者に正しいデザインを見せることができない。

    意図したデザインを表示させるために、デザイ

    ンデータを②③の環境に合うように再調整する

    ケースや、ディスプレイ本体の調整機能を使用

    図1 商品デザインのワークフロー

    Workflow of the product design

    => =>

    ① ② ③

  • 特集

    RGBワークフローカラーマネジメントサービス

    富士ゼロックス テクニカルレポート No.24 2015 23

    して色調整するケースがある。このように、本

    来のデザイン業務とは異なるところで、多くの

    工数がかかってしまう問題がある。

    あるデザイナーがデザインデータ自体の色を

    調整した場合や、自分のディスプレイ本体の調

    整を実施して色を合わせた場合、その人の環境

    においては「正しい色」となるが、「正しい色」

    を再現できる条件は各自の環境に依存するため、

    他者とのデザイン共有時には、色の情報を正し

    く伝えることができない。色の情報を正しく伝

    える環境が整っていないと、デザインと承認の

    フローだけでなく、承認以後のフローにも悪影

    響が発生する。たとえば、デザイナーのディス

    プレイでデザインした商品が、設計部門や製造

    部門で当初のデザインと異なる色で商品化され、

    また、営業部門や広報部門でも異なる色再現の

    ディスプレイを用いるため、当初のデザインと

    異なる色でパンフレットやチラシがデザインさ

    れてしまう。このように、企画と違う色の商品

    が製造され、また実際の商品とパンフレットの

    色が異なるといった問題が発生し、これを回避

    するためには色の調整に多くの工数がかかって

    しまう。「色のコミュニケーションミス」により、

    デジタル化で期待されていた品質向上と工数改

    善の実現どころか、新たな課題が発生している。

    2.1 カラーマネジメントの仕組みと課題

    「色のコミュニケーションミス」を改善する

    方 法 と し て 、 1990 年 代 後 半 か ら ICC

    (International Color Consortium)Profile

    を使用したカラーマネジメントの仕組みが、市

    場で採用され始めた。ICC Profileは、各デバイ

    スの色再現特性を記述したデータファイルであ

    る。アプリケーションや印刷機器側は、ICC

    Profileを使用して正しい色になるよう